採用サイトの発注を検討する前に準備しておきたい、採用ホームページ制作の発注のための検討事項

有料求人広告を使わずに自社で採用を成功させるぞ!となった時に、最初に検討がはじまるのが採用サイト。ホームページを外注したことがない他部署の人などからは「お金はらえばやってくれるんでしょ?簡単じゃない」と思われがちですが、…

Continue Reading

目指せ!年間採用コスト30%ダウン!!採用単価が跳ね上がる時期を乗り切るベテラン採用担当者の求人広告の運用ノウハウ

採用担当になって経験を積んでくると、多くの方が1年間の月別のトレンドに気が付きます。月ごとの採用難易度はある程度の傾向があり、それが月別の採用数、単価に大きく影響を及ぼします。多くの業界では春から夏にかけては採用難易度は…

Continue Reading

嘘だろ!?といいたくなるくらいに求人メディア側の都合がてんこ盛り。リクルート系の求人広告代理店が「indeed広告」と「採用管理システム」の販売を強化している理由

リクルートが買収した世界的な求人メディア「indeed」。SEOにはめっぽう強くて集客力は相当なものです。この求人メディアはいわゆる検索エンジン型で、求人サイトの求人情報をクロールして横断検索、クリックすると求人サイトへ…

Continue Reading

求人情報にじゃんじゃん応募してほしいと思っている求人サイトのウェブマスターに教えたい、タウンワークの秀逸な応募フォームと関連機能の仕組み

今日は求人サイトのウェブマスターの皆さまに教えたい、タウンワーク先生の秀逸な仕組みについての研究です。ご存じタウンワークはリクルートさんの求人メディア。アルバイト、パートに強みをもっていますが、幅広い業種、職種に対応して…

Continue Reading

ジョブセンスをはじめとした成果報酬型の求人広告と、掲載課金型の求人広告ではどちらがお得なのか!?

ジョブセンスが業界に大きなトレンドを作った成果報酬型の求人広告。採用されてはじめてお金を払うというモデルで、結果にコミットすることが受けて一気に求人数、クライアント数を伸ばして飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していきました。ただ…

Continue Reading

求人広告だけでいいんじゃない?自社の採用サイトって必要?という中小企業の採用担当者の方への質問はただひとつ。「採用単価、いくらになっていますか?」

人材採用の主流がインターネットになってかなりの年月が経ちましたが、採用方法は未だ多くの企業が暗中模索の状態です。求人メディアの求人広告を購入して、その後はメディア任せで待つだけの企業。求人メディアはコスト高なのであまり使…

Continue Reading

求人サイトがあり過ぎて、どこの求人広告を買っていいかわからなくなったら論理で考えることが大切です

求人広告の効果は、メディアの集客力と掲載求人数、そして求人の内容(求人要件や企業力)という要素によって平均的には導かれます。メディア力はそのメディアに訪問しているユーザの全体数になってくるので、この母数が少ない場合、相当…

Continue Reading