リクルートがタウンワークオンラインで求人広告を顧客自身が管理する”セルフ型”を提供中。求人広告の販売スタイルに変革は起こるのか

これまでは求人広告というと、営業スタッフに発注依頼をして、求人原稿を提案してもらったり取材にきてもらったりとメディア側が能動的に動く、メディア主導型のスタイルが常識でした。特にリクルートはジョブセンス登場以降も、このメデ…

Continue Reading

応募の獲得、おめでとうございます!でも、それ本当に求人サービスの実力ですか?採用担当者なら絶対知っておくべき、本当は横取りされているだけかもしれないよという話

「あの求人広告は応募がよくとれる」「あの採用管理システムを使ってホームページを運用していると応募が入る」。こんな話を採用担当の皆さんからお聞きすることがありますが、その時にお返しする言葉は”それ本当にそのサービスの実力で…

Continue Reading

indeed広告の効果急落!? indeedがリクルートのメディアを優遇、上位表示してるのが原因??気になる実態を調査してみました。

indeedが実質的にはリクルートであることは、多くの方がご存知のことだと思います。それを知っている人材系の企業の間では、indeedはリクルートメディアを優先して上位表示しているという話が良く交わされます。昨年までは非…

Continue Reading

目指せ!年間採用コスト30%ダウン!!採用単価が跳ね上がる時期を乗り切るベテラン採用担当者の求人広告の運用ノウハウ

採用担当になって経験を積んでくると、多くの方が1年間の月別のトレンドに気が付きます。月ごとの採用難易度はある程度の傾向があり、それが月別の採用数、単価に大きく影響を及ぼします。多くの業界では春から夏にかけては採用難易度は…

Continue Reading

嘘だろ!?といいたくなるくらいに求人メディア側の都合がてんこ盛り。リクルート系の求人広告代理店が「indeed広告」と「採用管理システム」の販売を強化している理由

リクルートが買収した世界的な求人メディア「indeed」。SEOにはめっぽう強くて集客力は相当なものです。この求人メディアはいわゆる検索エンジン型で、求人サイトの求人情報をクロールして横断検索、クリックすると求人サイトへ…

Continue Reading

ジョブセンスをはじめとした成果報酬型の求人広告と、掲載課金型の求人広告ではどちらがお得なのか!?

ジョブセンスが業界に大きなトレンドを作った成果報酬型の求人広告。採用されてはじめてお金を払うというモデルで、結果にコミットすることが受けて一気に求人数、クライアント数を伸ばして飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していきました。ただ…

Continue Reading

求人サイトがあり過ぎて、どこの求人広告を買っていいかわからなくなったら論理で考えることが大切です

求人広告の効果は、メディアの集客力と掲載求人数、そして求人の内容(求人要件や企業力)という要素によって平均的には導かれます。メディア力はそのメディアに訪問しているユーザの全体数になってくるので、この母数が少ない場合、相当…

Continue Reading